庄乃寒月(うめぼし)漫画制作中

漫画制作をつづるブログ

主に漫画進捗のこと。たまに関係ない話も。

平塚七夕祭り

f:id:umeboshino:20180707205833j:plain

今日は七夕。ということで、平塚七夕祭りに行ってきました。

f:id:umeboshino:20180707205943j:plain

夜のほうがきれいだね。学生さんたちが多い感じです。浴衣着たり、ちょっとオシャレをがんばってる女の子たち。

f:id:umeboshino:20180707210025j:plain

BGMには都はるみさんが歌う「平塚七夕音頭」が流れています。

「見るより 聞くより 踊るもの〜♪ 七夕祭りは…云々」の歌詞は一度耳に入ると離れないフレーズです(笑)

f:id:umeboshino:20180707210055j:plain

文展土偶ペンライトをかざす。

f:id:umeboshino:20180707210054j:plain

少年が「あ!ベルマーレだよ!ベルマーレ!おかあさんっ!!」と大興奮。サッカー少年かな?

八幡宮のほうも、なんと鳥居に七夕飾りを飾ってしまうのである。茅の輪くぐりがあります。7時半くらいに通ったんですが、境内は賑やかでした。

f:id:umeboshino:20180707210048j:plain

明日が最終日です☆

漫画進捗はトーン1−8p完了です。明日はおやすみ、月曜から作業再開です。

漫画進捗☆下書き8-9p、ペン入れ1-8p

f:id:umeboshino:20180705202537j:image

今日は悪天候のため、一日中描いてました。今回は半分づつ完成させていこうと思っています。p9の祭りの場面は時間かかりそうなので、今日はp8までで終了。

f:id:umeboshino:20180705202554j:image

今週の土曜は七夕ですね。小さい頃、短冊に何を書いたでしょう? 宇宙飛行士とか、パイロット。お菓子やさん、ケーキ屋さん。あとは、足が速くなりますようにとか、100点とれますようにとか(笑)身近な願いを書いていた子もいたように思います。

漫画進捗☆下書き1-7p

f:id:umeboshino:20180704204930j:image

尻から光がくるぞ!

光る板はトレス台というものです。下書きの際に光らせることはありませんが、合掌を照らしてみました。結果、影になりました(笑)

ちなみにipadでも代用できます。しばらくipadでやってましたが、手が触れると反応してしまうし、光を強くすると熱を持つので、トレス台を導入しました。

↓昨日貼り忘れたイラスト。

f:id:umeboshino:20180704205237j:image

↓今夜は宇多田ヒカルの『初恋』を聴きながら〜♪ おやすみ。

f:id:umeboshino:20180704205021j:image

東京国立博物館「縄文展」へお出かけハート

f:id:umeboshino:20180703203626j:image

今日から始まった「縄文ー1万年の美の鼓動」展。さっそくハートがうきうき出かけてみれば、なんと「縄文のビーナス」と「仮面の女神」は7月31日からの展示と!マジですかー!!

実際に博物館で見て見ますと、「写真で見て感じたより大きかった、小さかった」等々、新しい発見があります。土器の表面の雲母がキラキラしていたり、楽しいことがあるのです。

******

11時頃に着いて、1時間ほどで観覧してきました。点数が多いため、人がばらけて順調に観覧することができたのでした。

第1章「暮らしの美」から始まり、全6章でしめくくる「美」に焦点を当てた今回の展示。途中、火焔土器群がありました。壇上にぐるりと配置し、下からライトアップするなど展示も凝っています。個人的には好みではありませんでした。見せる意図を感じてしまったからです。しかしその感想もすぐに払拭されました。

第4章「縄文美の最たるもの」(国宝土偶が連なるエリア)で、一番最初に新潟十日市市(正:十日町市です、失礼いたしました!)の「火焔土器」を一点据えてあることにより、先ほどの火焔土器群は、つまりはこの「最たるもの」のへの導線だと気がつくからです。なかなか凝っています。

前後しますが、第3章「美の競演」では、日本の縄文時代に他国で作られた土器の展示もあり、これも良かったです。パキスタンの土器や壺の模様がとてもかわいらしい。直前に縄文土器が連続しており、他国の土器を見ることにより、客観的視点に立ち戻りつつ縄文土器を観察することができました。

土偶エリアでは、「中空土偶(通称カックウ)」が特に気になりました。写真では足が太く、どこか力強い印象を受けておりましたが、頭の割れ目から、中の空洞が見え、非常に薄く作られていることがわかります。実物に出会って、「繊細な土偶なんだなぁ」と印象がすっかり変わりました。

気になっていた沖縄の石板もありました。白くてすべすべした石に、直線的な文様が刻まれ、とてもきれいで素晴らしいです。

******

おみやげコーナーでは合掌を発見。

f:id:umeboshino:20180703203648j:image

ノートの裏側には…

f:id:umeboshino:20180703203716j:image

「なんか、ハートの展示の位置おかしかったよね? カカッ」

【ネーム公開】「あの子はくるくる。」第2話「ひょっとこ夏祭りだぜ」

 

さて、明日からは縄文展!歴史の一大イベントがあります。2009〜2010年にかけての「DOGU展」もかなりの人でした。「DOGU展」はイギリス大英博物館の「THE POWER OF DOGU」の帰国展として開催されたものです。その時は土偶メインで、土器もありましたが、他の博物館からの出張はあまり記憶にありません。今回は沖縄の線刻石板もやってくるということで、非常に興味深く、楽しみにしております。

また土偶大集結でとてもうれしい。最高!土偶よ、保存されていてくれてありがとう。人混み覚悟で行ってきます!!ぬーっ大興奮!!!

熱中症にはお気をつけください〜。ネーム、ネタばれになりますので、第2話知りたい方だけ「続きを読む」でお楽しみくださいませ。

続きを読む