漫画家うめぼしのブログ

漫画制作のことや鳥のことなど

COMICAWA(コミカワ)(主婦の友社)にて土偶漫画を連載中。☆毎週火曜更新☆
どぐどぐ土偶!(うめぼし) | COMICAWA

土偶の怪談

【夏の土偶の怪談漫画】座敷わらし

夏の夜に土偶の怪談…いかがでしたでしょうか。ちょうどお盆に最終回「座敷わらし」の予定でしたが、少々遅れました。 座敷わらしは、他のおばけとはちょっと違う。他のおばけは、会うといたずらされたり、恐ろしい思いをするのですが、座敷わらしは会うとラ…

【夏の土偶の怪談漫画】こそこそ岩

合掌は意外と怖がりなのです。怖がりのほうがオバケとか幽霊を見がちらしいよ(笑) こそこそ岩というのがあって、夜中に、こそこそと話し声が中からすると言います。話し声ということは、何人かが集まっているのでしょうか。いったい何を話しているのか、気…

【夏の土偶の怪談漫画】ぬらりひょん &りぼんの付録のこと

ぬらりひょん。妖怪の中ではおそらく人気度が高いほうだと思います。 見た目はちょっと…??だけどね(笑) ところで話している途中に、いきなり人がいなくなってたってこと、ありますか? 自分はよく、〇〇さんと話していたはずなのに、全然知らない人にな…

【夏の土偶の怪談漫画】旧鼠

妖怪の旧鼠は、昔の絵の中で、かなり大きく描かれております。子猫を世話していたという話もあり、もしかしたら心やさしいネズミだったのかもしれません。しかし土偶の世話はしないと思われます。 さて、涼しいうちにと思って、外に出る時間を多くしておりま…

【夏の土偶の怪談漫画】煙のオバケ "えんらえんら"

名前がかわいらしい「えんらえんら」。 江戸時代の『今昔百鬼拾遺』に見られる妖怪です。不思議に思いますのは、なぜ「えんら」という名を二回繰り返したのか。名前であれば、「えんら」だけで良さそうなものです。 煙に向かって繰り返し呼んだのかも知れず…

【夏の土偶の怪談漫画】 やかんづる

夏といえば怪談です。 非常に怖がりなくせに、妖怪やおばけのことを、やけに知りたがる癖があります。たぶん、怖いからでしょう。少しでも正体を把握しておきたいという、そういう下心がございます。 ところでこの「やかんづる」。悪さはしないという話もあ…