読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画家うめぼしのブログ

漫画制作のことや鳥のことなど

土偶1ページ漫画「ギロって知ってる?」

f:id:umeboshino:20160909083851j:plain

南国の雰囲気を醸し出す、アレです。

ジーカッカって鳴る楽器何だっけ?と思って、調べるのに苦労しました(笑)クラベスという語が浮かんだのですが、違った。

 

縄文人たちも、おそらくは楽器で演奏することもあったでしょう。この前読んだ本には、土器のフチに穴が等間隔に開いたものがありました。

何のためか不明らしいのですが、もしかしたら、動物の皮か何かを貼って、お得意の縄で括り付けて太鼓に使っていたのかもしれません。

しかし土器という性質上、あまり内部の反響が得られないため、この説には疑問が残ります。

 

土偶について調べるにつけ、縄文時代関連の本の少ないこと!

タイトルに「縄文」より「土偶」がつく本って、少ないから探すのが大変。

図書館で、土偶関係の本は、けっこう貸し出し中になっています。まさかの土偶ブーム到来なのか。

 

陶芸をやってたことあるんですけど、左右対象に作るのって本当に大変なことなのです。縄文時代の土偶や土器の美しさって、ひとつには全体のシンメトリーにあると思ってるんですけど(細かな模様は違うけど、全体像としてバランスが取られている)、どうやって、このような美的感覚が形成されたのか。

そのせいで描くのが大変なんですけど(笑)、最近鏡に照らし合わせて、調整してます。

 

しかも一部の集落の話ではなく、全国的に、このような技術と美的感覚が広がっていたというのも怪しいです。広がっているってことは、何かしら言語も存在していたような気がするのですが、そのあたりも不思議ですねぇ。

おそらく長期保存が効かないような何かに、書かれていたのかも。それが手紙みたいな感じで、徐々に日本を横断していった・・・とか。

しかし知らない人たちには、そんな手紙回ってきても読めないですよねぇ。ふーむ、難しくて面白いね!

 

******

さて、喉が痛かったのが、今朝は咳と鼻に変わりました。もうすぐ治るっぽいです(笑)

今日は「こうじ」を買ってみたよ。喉痛くて、何か滋養のあるものと思って、「甘酒」に着目。甘酒って炊飯器で作れるんだって!ビックリ!

さっそく今日、試してみようと思ってさ。結果は後日報告です。

 

それでは善き日を。