漫画家うめぼしのブログ

漫画制作のことや鳥のことなど

アオサギ首伸ばしバージョン

f:id:umeboshino:20170319081424j:plain

先日撮影したアオサギ。かっこいい髪型です。

f:id:umeboshino:20170319081438j:plain

風の冷たい日でしたので、なかなか首を伸ばしてはくれない。

f:id:umeboshino:20170319081448j:plain

首の伸ばすとこんな感じ。何か見つけたのかな?

f:id:umeboshino:20170319081458j:plain

そしてすぐに戻る(笑)非常にゆっくりとした動きです。ういぃぃーん…カシャッ…!という感じで、ロボットのアームみたいです。

******

さて、昨日は液晶タブレットの実機を触りに出かけていました。そうしたら少年がipad でおもしろゲームをやり始めて、思わず「それナニ!!?」と話しかけてしまいそうになった(笑)

小学生くらいかなぁ…小さい頃から今のデジタル環境にいたら、まず勉強はしなかったであろう。そのぶん誘惑も多くて大変そう。

 

スタートが今の時点だと、未来のイメージってどんなふうだろうか。君の見ている未来と、自分の見ている未来はまったく違うものなのだろう、きっと。

 

個人的には近未来っていうと、なんだか宇宙っぽいイメージ。透明チューブみたいな道路に、車輪のない何か車っぽいものが猛スピードにて瞬間移動みたいな(笑)

それはあくまでイメージで、どこかで「本当にはならないだろう…」という気持ちもあって、未来像というより、ファンタジーの世界なのかもしれない。

現実とは一枚挟んだような形での未来像。そこで、現実がそこまで進歩しなくても満足してしまうというか。

「ああ、あれは夢だった」という部分で腑に落ちてしまう。

 

****** 

パソコン買わないんですが、また見て回ってしまった(笑)

いろいろなことが出来て、多彩な機能搭載のパソコンが増えてきましたが、「使わない」という選択肢を残しておいてほしい。そんなことを思うのでした。

遊びって要するにムダであります。そのムダな部分が楽しかったりする。

全部マシン側でやりますよーだと、この楽しみを感じられないんです。あるいは、出来るかもしれないが、明確には言い切りませんけどね、といった怪しい可能性を感じたいというか。

明確な便利さってのは、時に退屈であります。

 

そんなこんなで、結局実機のほうはどうだったかというと、 実は二機種迷っててワコムのほうは置いてなかったのでした。もう一個は触ってみて、ボディの色合いが「あ、これこんな色なんだ。選ばなくてよかったー(汗)」となりまして。

やはり実物見てから決めないとね。

 

それでは善き日を。