イラスト2点「今年最後の月」「甲賀忍法帖」

f:id:umeboshino:20191212184248j:plain

今年最後の月

f:id:umeboshino:20191212184318j:plain

甲賀忍法帖

甲賀忍法帖は漫画「バジリスク」の原作と言ったほうがわかりやすいかもしれない。山田風太郎忍法帖シリーズの一作目か? 甲賀と伊賀で10対10で戦う話です。

身体的にハンディキャップのあるキャラが出てくることがあるんですけど、それを武器にするのが好きです。例えば地虫十兵衛は四肢がないけれど、腹の鱗のような部分を高速で動かすことにより通常走るよりも高速移動できる、というような。

著者はお医者さんだった人ですが、生きるために備わっている、生物としての身体の強さに注目していたのかもしれない。

超人的な技と、欲にふらつく人間の脆い心。いかに超人的能力を持っている忍者であっても、心がふらつくと敗けてしまう。面白いんですよー。でもなぜいつも伊賀忍者はあまり良くない役なんだ!そしてみんな、きゅっと笑う。

ところで忍法帖は全体的にエログロ描写ありますので、苦手な方は注意してください。甲賀はあんまりないけど。自来也あたりになると大変だから。