天狗に会う〜大雄山最乗寺にて

f:id:umeboshino:20200203200549j:plain

天狗伝説で知られる大雄山最乗寺。天狗ファンとして、前々から気になっていた天狗に会いに行きました。

f:id:umeboshino:20200203200741j:plain

御開山坐禅石に開山の由来が記されている。一羽の鷲が了庵慧明禅師の袈裟をさらい、それを追って山に入ると、坐禅にちょうど良い石があった。その石の上で坐禅をしていると、梢から袈裟が離れて禅師の肩にかかったという。

この禅師の弟子を願い出た相模坊道了という人が「道了様」である。

f:id:umeboshino:20200203201142j:plain

仁王門。阿吽の金剛力士像。赤鬼じゃないよ!バスで行くことも出来る。

f:id:umeboshino:20200203201455j:plain

天狗のこみちを歩いていく。天狗も歩いたのかなー。

f:id:umeboshino:20200203201529j:plain

一つ目小僧に見える樹。

f:id:umeboshino:20200203201611j:plain

日差しのわりに空気はひんやり。

f:id:umeboshino:20200203201645j:plain

天狗マーク。本堂では節分のイベント中。

f:id:umeboshino:20200203201719j:plain

彫刻がすごい。象がちと怖い。

f:id:umeboshino:20200203201801j:plain

多宝塔を上から。

f:id:umeboshino:20200203201828j:plain

本日は節分。みなさん忙しそう。

f:id:umeboshino:20200203201941j:plain

下駄型絵馬。紐を鼻緒に見立てているのがオシャレっぽい。

f:id:umeboshino:20200203202030j:plain

御真殿(妙覚宝殿)。画面奥に奉納された高下駄がある。

f:id:umeboshino:20200203202111j:plain

この先を行くと、右手に奥の院への道が見える。「おぬし、登るのであろうな?」

f:id:umeboshino:20200203202507j:plain

階段は350段余とある。このてっぺんが奥の院

f:id:umeboshino:20200203202620j:plain

奥の院にて。撮った覚えのない謎写真がカメラに残る…。

******

歴史が深く、とにかく建造物の数も多い。すべてを観るには1日では足りないかもしれない。もっともバスで行けば時間の余裕があるかもしれない。途中、紫陽花が植えてあるり、梅雨の時期は苔と花で大変綺麗に違いないと思う。

そのほか三面殿で打ち出の小槌を振ってみたり、謎の声(たぶんカエル?)を聞いたり。「ウオッ!ウオッ!」と鳴いてたんだけど、何ガエルか気になります。