漫画家うめぼしのブログ

漫画制作のことや鳥のことなど

COMICAWA(コミカワ)(主婦の友社)にて土偶漫画を連載中。☆毎週火曜更新☆
どぐどぐ土偶!(うめぼし) | COMICAWA

【土偶問題】回答編

土偶問題の答えは・・・

f:id:umeboshino:20170818205611j:image

当たったかな? また問題やるよ!

 

今日はボチボチペン入れと図書館で資料探し。明日読む分を確保。

また暑さはやってくるのでしょうか。カレンダーを見たら、8月は5週まであることを発見。こりゃ、まだまだ夏は続くなぁ(笑)

 

【夏の土偶の怪談漫画】座敷わらし

f:id:umeboshino:20170816211540j:image

夏の夜に土偶の怪談…いかがでしたでしょうか。ちょうどお盆に最終回「座敷わらし」の予定でしたが、少々遅れました。

座敷わらしは、他のおばけとはちょっと違う。他のおばけは、会うといたずらされたり、恐ろしい思いをするのですが、座敷わらしは会うとラッキーとされます。畳の部屋にいるイメージですが、最近の住宅では座敷わらしも、どうしていることでしょう?

ところで、うちは畳の部屋なんです。今これを書いておりましたら、吊り下げておいたウィンドーチャイムが背後で鳴りました(汗)手は触れていないし、窓も閉めているのですが…地震の時は鳴るけど、地震ではないようす。「あたしのこと書いてるでしょ!」と遊びたがりのわらしが、来たのかな。

夏は怪談。人の想像力が生み出したのか、または本当に居て、見える人と見えない人がいるのか。夜、暗闇をぼんやり見つめると、何かが見えるかもよ…。

それでは(笑)

【漫画更新】おまけの土偶

f:id:umeboshino:20170815211041j:image

本日おまけの土偶が更新です。

水に弱い土偶たちにとって、海は未知の世界。想像だけは海より広がるらしいです。

 

どぐどぐ土偶! | COMICAWA(コミカワ)

 

ツイッターのアカウントがある人は、暇人用問題もあります。正解しても何も出ないです(笑) 

 

さて、今日でお盆休みも終わりでしょうか。急に寒くなって、変な天気が続いております。

寝冷えなどしないよう、気をつけておやすみなさいまし。

 

 

【読んだ本】ムーミン谷のひみつ言葉

f:id:umeboshino:20170814210233j:image

今日はごめんね、1ページ漫画まで手が回らなかったよ。さて、先日8月9日がムーミンの日でして、こんな本を読みました。

ムーミン谷のひみつの言葉』冨原眞弓著(筑摩書房

この本はコミックスのムーミンから、抜粋された1コマと解説が付いています。その中から面白かった項目を紹介します。「冒険?それとも危険?」の章に載ってた「彗星がふってくる日」の部分です。

ある時、ムーミン谷に彗星が近づいてきたのです。混乱の中、ムーミンたちはある1人のおばあさんに会います。とても上品な感じのおばあさんです。ところが彗星がふってくるということで、周囲に気兼ねがなくなったのか、パイケーキを投げてみたり、家の物を投げて窓を割ったり、崖の下に放り込んで妙に浮かれています。

抜粋された一コマは、おばあさんが家財を破壊しながら「このさいすきなことをしてやろうってわけさ」と言っている場面。解説文には「ちびのミイは感心しきり。なかなかやるじゃないの、あんた、といわんばかりに。」とあります。もし、朝起きて「今日きりで世界は終わります」となったら、いったい何をするでしょう?

絶望よりも弾けてしまう人のほうが多いかも、なんて(笑) 

おまけイラスト↓

f:id:umeboshino:20170814210248j:image

あとトーン作業 残り2ページ! しかしもう今夜はやめておこう。ブログが寝る前の行事だから(笑)今日はかなりのがっつり作業デーとなりました。

今週は本編が更新あり。明日は4コマ漫画を更新予定でござる!

どぐどぐ土偶! | COMICAWA(コミカワ)

【夏の土偶の怪談漫画】こそこそ岩

f:id:umeboshino:20170813211353j:image

合掌は意外と怖がりなのです。怖がりのほうがオバケとか幽霊を見がちらしいよ(笑)

こそこそ岩というのがあって、夜中に、こそこそと話し声が中からすると言います。話し声ということは、何人かが集まっているのでしょうか。いったい何を話しているのか、気になります。

 

岩と言えば、神社仏閣にハマって、いろんなところを参拝して巡っていたのですが、岩について面白い発見をしました。

神社ですと岩を祀っているところが多く、お寺だと石を祀っているんです。このことは何を示しているのだろう? 個人的見解として、岩だと天然だから、自然の神さまが宿っていると考えられる。

石の場合は、例えば色が不思議だとか、何かの自然の経緯を経て(水の流れや風)形が整っているとか、偶然の重なりで特別扱いとなったもの。石自体に宿っているというより、その石を形成した不思議なパワーを、ご利益として受けようと祀ってる。

そんなふうに思ってるんです。どうかな。

 

ところで土偶もあれば、石偶っていうのもある。やはり石の彫刻は困難だったのか、あまり見た目がステキとは言えず、影の存在に(笑)

 

 

それでは。