漫画家うめぼしのブログ

「どぐどぐ土偶!」COMICAWAにて連載中です

COMICAWA(コミカワ)(主婦の友社)にて土偶漫画を連載中。☆毎週火曜更新☆
どぐどぐ土偶!(うめぼし) | COMICAWA

【漫画更新】どぐどぐ土偶!第40話

f:id:umeboshino:20171121092044j:plain『どぐどぐ土偶!』第40話「気分縄々リゾートで①」更新しました。仲良し同士で旅行に出かけた倫子と土偶たち。土偶たちは初めての旅行で張り切っているようす。

張り切りすぎて大変なことにならないといいけど!!

どぐどぐ土偶! | COMICAWA(コミカワ)

******

さっき、どうぶつの森が配信されてさっそく入れてみました。しばらく遊べたのに、今は繋がらなくなってしまった。今夜は混み合うかな!?

雑記☆季節のおはなし

f:id:umeboshino:20171119173446j:image

りんごの季節。真っ赤なりんごは部屋に置いておくと、元気がもらえるような気がする!

f:id:umeboshino:20171119173502j:image

同時にこたつの季節でもあります。今までこたつで作業していましたが、現在は押入れで仕事をしております。

午後は散歩へ。最近腰が痛くなってきて、またもや運動不足ぎみ?

通勤もないため、散歩でもしないことにはホントに動かない。やはり何かしらの筋肉がなくなって、腰に負担がいくのでありましょう。

f:id:umeboshino:20171119173431j:image

紅葉もキレイに色づいてまいりました。今日は空気が澄んでいたようです。遠く、海の水平線上に、いつもは見えない何かの島が見えました。

 『ア、秋』。

太宰治の短編で、このようなタイトルの謎みたいな話があるのです。内容はネタ帳にこんなことが書いてありますよ、というだけの話です。本当にいったい、なぜこんな話を書いたんだろう…というか、発表したんだろう??

そう思いつつも、赤く色づく葉を眺めるていると、毎年この『ア、秋』を思い出してしまうところが太宰マジックなのかもしれない。

【イラスト】私に似てるパイ♡

f:id:umeboshino:20171117190412j:image

私に似てるパイ見つけたの♡

ハート型土偶が見つけたのは、あの懐かしのお菓子、源氏パイ。おいしいよね〜、サクサクとして。油っぽくもなく、胃にやさしい感じ。半分に割れやすいのも食べやすくていい。

なぜ「源氏」なんだろうと検索してみますと、発売に近い時期の大河ドラマ源義経だったらしい。

******

今日は気になるニュースがありました。それは、絶滅危惧とされていた「シマクモキリソウ」が約80年ぶりに開花したこと。小笠原諸島固有のランだそうです。

テレビで職員さんらしき方が、50年くらいずっと見たかった、と語っているのを観てジーンと来てしまったのでした。緑色で小さなお花です。

【イラスト】ケバブ、ケバブ〜

f:id:umeboshino:20171116190941j:image

新しい言葉を覚えると唱えたくなる!? ケバブケバブ〜🥙

ふつうはどこで覚えたのかな? 

******

最近、ブログを書くときなど音声入力でやってます。困ったことに土偶がいつも道具と入力されてしまう。全部ひらがなで入力できればいいんだけど、そのモードがないみたい。

結局かなり修正が必要になりますが、少し慣れてきて、手入力と半分半分くらいになってます。

最初は声に出すことに抵抗がありましたが、やってみると意外といい。漢字の誤変換もコツさえつかめば少し減らせる。例えば「コツとしては」の部分を「コツ」だけ言うと、勝手に「骨」に変換されてしまうので、「コツとしては」と一気に語りかけるとうまくいく。

しかし何度やってみても「土偶」は「道具」になってしまう!!

【漫画更新】おまけの土偶㊲ 新しいファッション・起き上がり小法師など

f:id:umeboshino:20171114205450j:image

そろそろお鍋が恋しい季節。土偶が新しいファッションを開発? その他、起き上がり小法師など。

おまけの土偶土偶たちの日常4コマ漫画となっております。

どぐどぐ土偶! | COMICAWA(コミカワ)

******

今回は起き上がり小法師が登場してくるわけなんですけど、昔、職場にこの元祖(?)起き上がり小法師が置いてあったのです。キャラクターを模した小法師はよく見かけます。この元祖起き上がり小法師はその時初めて見ました。

「これ何?」という感じです(笑)職場の子に尋ねたら、「会津のおみやげなんですよー」という答え。

へぇ、なんて手に取ってみると、とっても軽くて、儚い感じもあって。ニコッと笑ったような顔は手描きなんですね。角度によっては、困ったような顔にも見える。ところで、なぜ職場にこれを置いていたのだろう。そこのところを聞き忘れました。

そこには一年くらい居たんですが、自分が入る前からヌシのような感じで存在してました。何かの引き出しの上に置かれいて、たまに床にコロコロ転がっては拾われて、またいつもの定位置に戻されるのでした。